工法の紹介

1 荷重分布型ジョイント

PDF資料

既往のジョイント構造は既設RC床版にドリルで孔を開け、ジョイントに配置されている鉄筋を差し込み、設置する工法です。したがって、荷重は鉄筋を通じて床版に集中荷重として作用します。荷重分布型ジョイントは、荷重分布鋼板を設けることで、輪荷重をRC床版に分布させる構造であることから、RC床版全体の耐荷力性能が向上します。既設ジョイントの設置は、4角をアンカーボルト、中間部に数か所のアンカー筋で設置することから、設置による損傷の低減や施工時間の短縮が図られます。

2 MMジョイントDS型

PDF資料

MMジョイントDS型の特徴は、適な走行性、高い防水性、優れた耐久性、容易な施工性、優れた耐震性です。材料には,APJ-150バインダーに有機繊維を配合し、これに専用の骨材を組み合わせた弾性体です。したがって、本来の伸縮装置としての役割を果たすほか、弾性体であるので耐震性に優れた埋設ジョイントです。

3 EQM-J工法

PDF資料

旧ジョイントの撤去作業は、RC床版や橋台をブレーカ等による斫り作業が行われます。 この斫り作業で発生する微細なひび割れを「浸透性KSプライマー」で補修します。補修界面には「KSボンド」を塗布して、リフレモルセットを打ち込みます。その後、MMジョイントDS型を設置します。この工法が「EQM-J工法」です。この工法を用いることで、打ち継ぎコンクリートと一体化されます。

4 EQM-J-G工法(不陸修正40mm以上)

PDF資料

旧ジョイント撤去することで既設RC床版の厚さが減少します。EQM-J工法では、既設RC床版の厚さに戻す「不陸修正」を行います。不陸修正厚が50mm以上の場合は、斫り後に引張補強筋であるグリッドメタル筋を配置し、2種類の接着剤を塗布して、リフレモルセットSFを打ち込み補強します。

5 SMジョイント(ゴム劣化取替工法)

PDF資料

伸縮装置本体の耐用年数は30年程度と言われておりますが、遊間部の伸縮ゴム(1次止水材)の耐久性は10年程度です。伸縮ゴムが劣化することで遊間部から雨水が浸透し、鋼製支承はさびの発生やコンクリート橋主桁では漏水の浸透による損傷など、橋梁に悪影響を及ぼす要因となります。伸縮部(遊間部)にはクロロプレンゴムが一般的に使用されておりますが、基準耐用年数は10年です。紫外線などの外的要因を考慮すると寿命は更に低下します。遊間部や地覆の隙間には劣化したゴムの取替え補修には「特殊ウレタン系樹脂材(I型)」あるいは「APJ-150バインダー(II型)」、「ポリ ブタジエン系樹脂材(III型)」を用いて補修を行います。これらの材料を用いる補修法を「SMジョイント(ゴム劣化取替)工法」と称してます。

6 EQM工法(RC床版の補修・補強)

PDF資料

ジョイント付近の橋梁床版はジョイントの段差による荷重変動やコンクリートとアスファルトと強度差により、ジョイントから2.0m付近は大きな損傷を受けています。場合によっては抜け落ちに発展する可能性があります。このようなRC床版の部分補修には「EQM工法」で補修します。

7 取替RC床版(取替RC-O)

PDF資料

既に下面から補強が施されたRC床版は再劣化が生じています。とくに,鋼板接着補強したRC床版は、橋面や下面の損傷は軽微ですが、内部のひび割れ損傷が著しい傾向にあります。 再劣化したRC床版の補強対策としては取替RC床版が適しております。

8 ボックスカルバートの補強 (EQM-G-K工法)

PDF資料

溝橋(ボックスカルバート)においても、ひび割れの発生、漏水、はく落などの損傷など老朽化が進行しております。土被り1.0m以下のボックスカルバートは道路橋として取り扱われ、その補修・補強対策が急務となっております。ボックスカルバートの補強においては、建築限界を考慮した場合、補強厚を最小限にし、補強効果を向上する対策が必要です。ボックスカルバートの補強法として、EQM-G-K工法を取り入れております。

9 RC部材のひび割れ補修

PDF資料

道路橋RC床版は、輪荷重走行によりひび割れが発生し、漏水に伴い遊離石灰も発生しています。ひび割れには、下面から発生するひび割れやRC床版内部に発生する水平ひび割れがあります。とくに、床版内部に発生する水平ひび割れについては発見しにくい損傷であります。水平ひび割れはRC床版の寿命に大きく影響します。これらのひび割れ補強法には浸透性接着剤注入によるひび割れ補修工が必要です。

10 コンクリート部材の強度測定法
11 柱状サンプル採取法による診断

PDF資料

コンクリート構造物、とくにRC床版は、疲労損傷や雨水の浸透により、遊離石灰や土砂化、内部においては水平ひび割れの発生など、多くの損傷が あります。また、塩害、中性化、ASRなどにより材料の劣化もあります。補修・補強する前に、補強後の耐久性の向上を図るためにコンクリートの圧縮強度が24N/mm2以上であることを診断する必要があります。

コンクリート構造物、とくにRC床版のコンクリート は、疲労損傷や遊離石灰や土砂化、さらには内部に おいては水平ひび割れの発生など、多くの損傷があります。コンクリート内部診断においては非破壊検査での 診断は不十分であることから、確実に内部を診断する 方法として小口径のコアを採取する「柱状サンプル採取法」は大きな損傷を与えることが無く、適切に診断することができます。(特許)